ゆめさきの森の今

ゆめさきの森公園の自然情報をご紹介します。

北側芝生広場の「アカメガシワ」の実が野鳥にとって食べ頃になりました
色々な野鳥が食事に来ています、開店期間は短いので今がチャンス!!

オオルリ♀
0826オオルリ♀①
0826オオルリ♀②
0826オオルリ♀③
0826オオルリ♀④
0826オオルリ♀⑥
キビタキ♂
0826キビタキ♂②
キビタキ♀
0826キビタキ♀①
メジロ
0826メジロ②
0826メジロ①
太陽の方向で午後3時以降がベスト

タマゴタケが良く出ていました、例年9月の雨の後に出るのですが
今年は雨が多かった為か例年より少し早いです
成長の過程です
0826タマゴタケ
急に上部が割れてキノコの頭が少し
0826タマゴタケ①
0826タマゴタケ③
どんどん成長、タマゴタケらしくなりました
0827タマゴタケ②

0827タマゴタケ④


かなり暑くなりましたが色々楽しめるチャンスです
熱中症対策を十分実施の上お越しください。

とてもカッコイイ甲虫、カブトムシやクワガタ以上に凄い
0822ゴホンダイコクコガネ①
如何ですか、カッコイイでしょう。ところが残念なことに大きさが10mm程度
0822ゴホンダイコクコガネ②
更に残念なことに糞中、いわゆるうんこ虫。古代エジプトでは糞ころがしは
スカラベといって神の化身なのに・・・
0822ゴホンダイコクコガネ③
夜活動し昼間は土の中なので見ることはほぼ無いでしょう。毎朝鹿の糞を片付ける
時、たまたま発見できました。

ナンバンギセルが咲いてました:イネ科に寄生する植物でススキの根元に生えてます
  見た目がキセルに似ているので
0822ナンバンギセル①
0822ナンバンギセル④

ミヤマカラスアゲハ:吸水行動でウロウロしてました
0822ミヤマカラスアゲハ③
0822ミヤマカラスアゲハ⑥
0822ミヤマカラスアゲハ⑪

オオヒキヨモギ:希少種です
0822オオヒキヨモギ③
0822オオヒキヨモギ④

キイロスズメバチ:ミツバチを襲いに来てます
0821キイロスズメバチ③
ミツバチの方向を見て下さい、臨戦態勢です
0821キイロスズメバチ④

ギンヤンマ:事務所の前でパトロール中
0821ギンヤンマ①
0821ギンヤンマ④

ミヤマアカネ:赤とんぼの一種、これから赤くなります
0821ミヤマアカネ③

オオチャバネセセリ:花はヒヨドリバナ
0822オオチャバネセセリ②

ヤマトシジミ♂
0821ヤマトシジミ♂③


秋の気配を感じるようになりました、ヤマトシジミが止まっているのは
ダンドボロギク、上の写真で右上がダンドボロギクの花です、これで満開。
変わった名前は、愛知県の段戸山(だんどやま)の麓で発見され、花が無いので
ボロギクらしいです。

いつまでこの雨は続くのでしょうか、少しウンザリ
草は伸びるし仕事は溜まるし・・・
先日雨の合間にトンボ探しに行きました、通宝寺池にいました

ギンヤンマ:子供のころの憧れ
0815ギンヤンマ④0815ギンヤンマ③

しばらく追いかけていると産卵風景に出会いました
0815ギンヤンマ産卵⑦
0815ギンヤンマ産卵⑧
0815ギンヤンマ産卵②
0815ギンヤンマ産卵⑤
0815ギンヤンマ産卵⑥
0815ギンヤンマ産卵⑨

公園に住むセミを並べてみました
小さい順に ニイニイゼミ:32~40mm
01ニイニイゼミ
ハルゼミ:32~37mm 5月頃鳴くのでセミと思っていないお客さんが多いです
02ハルゼミ
ヒグラシ:38~43mm この公園では一番多いかも
03ヒグラシ
ツクツクボウシ:43~46mm 晩夏のイメージが強いですが、7月から鳴いてます
04ツクツクボウシ
アブラゼミ:56~60mm 鳴き声が天ぷらを揚げる時の音に似ているとか
05アブラゼミ
ミンミンゼミ:56~63mm この公園で一番大きなセミ
06ミンミンゼミ
以上6種類と思われます。
一般的にクマゼミが一番大きなセミだと思いますが、この公園には生息していません
時々1~2匹が紛れ込むようです

雨が続くとデーターが集められなくて困ります
雨の合間を狙ってチョコっと写してます

↑このページのトップヘ