ゆめさきの森の今

ゆめさきの森公園の自然情報をご紹介します。

ウグイスカグラ(スイカズラ科)の木に真っ赤な実がついています。

一本の木に4個なっていました。

実の直径は1cmたらずで、食べられるそうです。

食べようかなと思いましたが、野鳥のために残しておきました。

早春に咲いた花もごあわせて覧ください。

ウグイスカグラの実
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ウグイスカグラの花(2009年3月28日)
イメージ 4



ゆめさきの森公園のホーム(http://www11.ocn.ne.jp/~csr-yume/)へ。

コガクウツギ、タニウツギに続いて、ウツギの花が咲いています。

一般的には「卯の花」と呼ばれています。

ウツギは茎の中が空洞になっているので「空木」と書きます。

初夏に多い白い花、まだまだ楽しめそうです。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



ゆめさきの森公園のホーム(http://www11.ocn.ne.jp/~csr-yume/)へ。

サイハイラン(ラン科)が咲いています。

咲いている花の形が、武将が使った采配に似ていることから

この名がついたそうです。

根元にある1枚の葉っぱで立派な花を咲かせることができる不思議な花です。

オモト(ユリ科)も花芽をつけていました。

冬には赤い実がたくさんつくことでしょう。


サイハイラン
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


オモトの花芽
イメージ 4



ゆめさきの森公園のホーム(http://www11.ocn.ne.jp/~csr-yume/)へ。

↑このページのトップヘ