ゆめさきの森の今

ゆめさきの森公園の自然情報をご紹介します。

森の中でオレンジ色の物体を発見。

何だろうと思って近づいてみるとタマゴタケ(テングタケ科)でした。

白い卵形の幼菌から殻を破って成長します。

このタマゴタケは食べられますが、

タマゴタケによく似た「タマゴタケモドキ」は猛毒なので注意が必要です。

7月はキノコがたくさん見られる時期ですが、

キノコには有毒のものが多いのでよく気をつけてくださいね。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



ゆめさきの森公園のホーム(http://www11.ocn.ne.jp/~csr-yume/)へ。

留鳥の子育てはもう終わったようですが、

夏鳥は今がピークのようです。

拠点施設の近くの森でオオルリの幼鳥を見かけました。

♂も♀もいて、フライングキャッチの練習をしながら

枝から枝へと飛びまわっていました。

近くでは親鳥の警戒する声がしていましたが、姿は見えませんでした。

オオルリ幼鳥♂
イメージ 1

イメージ 2

オオルリ幼鳥♀
イメージ 3

イメージ 4



ゆめさきの森公園のホーム(http://www11.ocn.ne.jp/~csr-yume/)へ。

キビタキの水浴びシーンです。

まず、♂が来ました。

とてもダイナミックで、バシャバシャといった感じ。

全身ずぶ濡れです。


次は♀。

こちらは♂と違って上品です。

チャプチャプといった感じです。

鳥の世界では♂が♀より美しく、人間の世界とは逆ですが、

性格は人間の世界と同じかも…。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



ゆめさきの森公園のホーム(http://www11.ocn.ne.jp/~csr-yume/)へ。

↑このページのトップヘ